ホームページのアクセス数をのばすには、、

iworksの嶺井です。

実は、アクセスアップには本当に様々な手法があります。
正直にお話しすると私自身もすべてを把握しきれていません。

そして、アクセスを集めているホームページとそうでないホームページには、
100倍、1000倍、10000倍の差があります。

アクセスを集めることができるホームページを持つことができれば、
その後のビジネス展開が非常に有利に進められるのです。

一般的にアクセス数を増やす方法は、
「お金がかかる方法」と「お金がかからない方法」があります。
もちろんかと思いますが、企業としては、お金のかからない方を選択したいのではないでしょうか?

そして、実は、お金のかからない方法でアクセスを大量に集めている企業もたくさんあります。

有料のアクセス 無料のアクセス どっちがいいのか?

この答えは、企業によって様々だと思いますし、
費用対効果がとれるのであれば、有料でも無料でもどっちでもOKというのが私の答えです。

個人的には、コンテンツを豊富にそろえて、
自然流入的なアクセスを集める方が長期的な資産として運用できるのではないかという考えです。

お金をかけて一気にプロモーションを行うのか?
長期的にゆっくりとホームページを構築していきたいのか?

によってその使い道は様々ですが、
長期的に考えて、ホームページを構築した方が、やはりいい結果が得られるのではないかと私は、思います。

ヤフーのアクセス数

Yahoo!トップのアクセスは月間68.1億PV

すごいですよね。
1日で2億PV以上のアクセスが集まっているのです。

このアクセスは、どこから来るのかというと
ヤフージャパンをインターネットブラウザのトップ画面にしている人の場合は、
インターネットを開いた瞬間にヤフーのページを開くことになります。

ここにヤフーがお金をはらっているかというと払っていないでしょう。
インターネット回線を引いて、設定をおこなってあげて、
ヤフージャパンがブラウザのホームになるようにしてあげれば、
自動的にアクセスが集まるしくみが出来上がります。

そして、ヤフーニュースやヤフオク、ヤフーショッピングなど
様々な情報を掲載することでお客様に価値をと届けています。

コンテンツをアップしていくことがアクセスアップにつながる。

ものすごく単純なことなのですが、
良い情報をお客様に多く提供できるかどうかが、アクセスアップにつながります。

お客様が役立つ情報をまとめたブログなどをホームページの内部に入れ込むことで
そのブログ経由でお客様が流入してくれて、アクセスが高まっていきます。

良い記事をつくることができれば、SNSなどでの拡散も起こります。
ニュースサイトにとりあげられたり、テレビやラジオで紹介されることもあります。

拡散がキーワード

今の日本では、ほとんどの人がインターネットに触れて生きています。
そのなかで、自分が発信するメディアを一人一人がもっていますし、
発信を行おうと思えば、スマホやパソコンからすぐに情報を発信することが可能です。

つまり、自社の発信する情報が多くのお客様にシェア拡散されることがあれば、
その記事をさまざまな方がよんでくれ、さらに拡散が広がっていくことが起こるのです。

そのためにとても大事なことがあるので、お伝えいたします。

独自ドメインでサイトをつくること

基本的な部分にもどってしまうのですが、アクセスアップを行いたい場合に、
ブログ発行する際に、必ず自社のドメインでブログを作った方がよいということです。

先ほどかいたように、1つの記事をさまざまな方がシェアしてくれて
一気にアクセスが集まる場合があります。そのときに、他社のブログに記事を書いていたら
そのアクセスは、他社のものになってしまいます。そうならないためにも、かならず自社ブログをつくり
そのなかで、お客様に役立つコンテンツを更新していきましょう!

次回は、「検索エンジンに表示されるには、、」
というテーマで記事を書いていこうと思います。

SEO対策は、企業にとって必要不可欠なものになってきたので、
この知識はかならず手に入れるようにしていただきたいと思います。

それではまた。