「成約率アップ」が最初の理由

iworksの嶺井です。

前回の記事で、成約率を一番最初にあげるべきだとお伝えしました。
これには、とっても大事な理由があります。

このことを知らないがために、ホームページはあるけれど、全然反響がない。
問い合わせが来ない、電話が鳴らない。といった企業様がたくさんいらっしゃいます。

これが最大の問題であり、一番最初に解決しておかなければならない
大きな壁なのです。

この問題が解決できなければ、何をやってもうまくいきません。
ざるで水をすくうような、無意味なものになってしまいます。

そして、反応のないホームページを放置しているということは、
逆にお客様を逃していること、あなたのビジネスの足を引っ張っている可能性もあるのです。

制作管理費だけではなく、大きな機会損失をしている可能性もあります。

成約率が低いホームページは最悪

ということです。

なんの意味もないどころか、企業のイメージダウンにつながる悲惨な現実あります。

とくに、沖縄ではホームページにあまり力を入れていない企業も多く、
むかしつくったままにしている。全く更新をしていないという企業もあります。

費用が発生しないから良い、という問題ではないのです。

ホームページは企業の顔

だからこそ、成約率の高いホームページをつくる必要があります。

成約率を一番最初に高めなければ、いけない理由は他にもあります。

まずは、成約率 1%以上を目指して欲しいと思います。

成約率が、それ以下のホームページは、
100人に1人のお客様さえも反応してくれないということですので、
はっきりいって、ぜんぜんお客様に伝わらない内容になっているか
金額が高すぎるか などの決定的な問題点が存在するはずです。

成約率が、1%にも達していないホームページ捨てましょう!

こういうと驚くかもしれませんが、
100人中1人も反応を起こしてくれないということは、
99人以上のお客様に逃げられているということですで、
そのようなホームページにどんなにアクセスを集めても
商品をならべてもSEO対策をしても意味がないのです。

アクセスアップから行ってはいけない理由

よくホームページ制作会社から

もっとアクセスを増やしましょう
広告をうってアピールしましょう

などと提案されることがありますが、まったく無意味です。

成約率が低いホームページを検索で上位にあげても
広告やSNSでアクセスアップしてもなんの意味もありません。

素通りするお客様が増えるだけです。

しかもそこにコストがかかりますから
お金をドブに捨てているようなものです。

これは、ホームページだけでなく、
すべての広告にいえることで、反応がないものにお金をかけても
まったく意味がないことですので、注意してください。

とりあえず、一番最初に成約率をあげることはわかった。
じゃあ

成約率をあげるために何をしたらいいの?

という話になると思います。

その内容は、ここで一気に書くと長くなりすぎるので、
また次の投稿で、書きたいと思います。

続きが読みたい方は、
「成約率をあげるためには何をしたらいいの?」のページからお読みください。

ではまた。