成約率をあげるには、、

ついに核心に迫ってきました。
これまでの記事の中で、ホームページの売上をあげるためには、
売れるホームページをつくるためには、

・アクセス数 ・成約率 ・単価

のいずれかをあげなければならないこと
と、この3つのなかで、成約率を一番最初にあげるべきである
ということをお伝えしてきました。

それでは今から成約率をあげる方法をお伝えいたします。

成約率を高める具体的な方法

これも難しくなってはいけないので、
一番簡単にお伝えするようにしたいと思います。

成約率を高めるために一番大切なことは、

「強烈なメッセージをお客様に伝えることです。」

様々なテクニックがありますが、
シンプルに言うとそういうことです。

成約率をあげるということは、
お客様に行動していただかなくてはなりません。

お客様に行動していただくためには、
その行動をとってもらうためのメッセージが必要になってくるのです。

どんな商品やサービスを提供する場合でも、
そのサービスの強みを理解し、強いメッセージとして発信しなければなりません。

実際に弊社のホームページでは、、

たとえば、
弊社のサービスは、ホームページ制作ですが、
その強みは、「一切初期費用がかからない。制作費がかからない。修正改善を納得いくまで行う。」
ということです。

「iWorksのホームページ」

そのメリットを前面に押し出して、
文章や画像を用いて、繰り返しメリットを伝えています。

そして、そのほかにも他の制作会社が行っていない
SEO対策やSNS連携、アクセス解析、ランディングページの制作も行うことを伝えています。

制作実績があることをお伝えし、
成果がしっかり出ていることをお客様に伝えることで
信頼していただき、弊社のサービスに少しでも興味をもってもらえれば、
すぐにお問い合わせができるように、ホームページの下部には、
お問い合わせフォームを設置しております。

トップページからすぐにお問い合わせができるようにしたり、
結果が出ることをしっかりとお伝えすることで、反応率の高いホームページをつくることができるのです。

さらに強いメッセージを伝えるには、、

強み + 約束 + 結果の保証 + リスクリバーサル を行うことが効果的です。

本当に様々なテクニックがありますが、
ものすごく簡単にお伝えすると

お客様に「強い約束」と「強い保証」をつけてあげることで、
ホームページの成約率は、一気に高まります。

キャッチコピーの部分を変えるだけでも
十分にホームページの成約率を改善することもできます。

成約率を上げたいという方は、。とにかく
「強いメッセージを発信することに集中してみてください」

「強い約束」と「強い保証」を付けてみてください。
それだけでホームページを訪れたお客様の反応が変わります。

成約率1%以上を目指しましょう

成約率1%以上を記録するまで、改善を続けて、
それなりに反響がでるようになってきたら
SEO対策やアクセスアップ対策を行い、
さらに大きな反響を得ることを目指していきます。

1%だった成約率が2%に変わるだけで、
ホームページからの売上が2倍になります。

さらに、アクセス数を2倍にすると、結果4倍の売上を達成することができます。

そのためには、最低でも1%の成約率をとれるホームページに仕上げましょう!

ホームページを少し改善するだけでも成約率が大きく変化します。
とくにトップページの一番最初に見える部分は重要です。

キャッチコピーやサプキャッチもとても重要です。
その部分だけをプロに依頼することもいいかもしれません。

ここまでの記事を読んでいただけた方には、
売れるホームページをつくるために、何が重要で、何が重要でないのかが少しずつわかってきたかと思います。

アクセスアップよりも成約率をたかめること
成約率を高めるためには、強いメッセージを発信すること
「強い約束」と「強い保証」をホームページに載せるすることで成約率が高まるということです。

実は、ホームページのデザイン的な部分は、あまり成約率には関係しません。
シンプルにメッセージを伝えられるホームページの方が比較的高い成約率を記録しています。

綺麗なホームページや かわいいホームページ かっこいいホームページ よりも
「強いメッセージ」の入ったホームページを制作するように心がけましょう。

成約率を上げたあとは何をすればいいのか?

ホームページの売上を高めるためにしなければならないことは、

・成約率 ・アクセス数 ・単価

の3つをあげることでした。

成約率があがったあとに、

・アクセス数
・単価

どちらをあげるべきなのか?
というステップに入ります。
では、

アクセス数と単価どっちが優先

この答えは、なかなか難しいのですが、
「アクセス数」を増やすことの方が先決かと思います。

実は、単価の高い高額商品をホームページだけで売ろうとすることは、なかなか難しいことになります。
難易度の高いことをいきなりやろうとすると反応率が落ちてしまう可能性もあり、
フロントエンド商品とバックエンド商品を用意して、
ホームページでは、フロントエンド商品の案内をした方が良いというセオリーがあります。

また、何度か接点をもつことで、信頼関係を築いたあとに
案内を行った方が良い場合もあるので、いきなり単価を上げる選択をすることは
一般的ではないと考えましょう。

ということで、

成約率があがったらアクセス数を増やしましょう!

さきほども書きましたが、
1%だった成約率が2%に変わるだけで、
ホームページからの売上が2倍になります。

さらに、アクセス数を2倍にすると、
結果4倍の売上を達成することができます。

次回の記事では、
より反響を増やすために、「アクセス数」をのばすメリットと方法について書いていこうと思います。

それではまた。