こでは、真実のみをお伝えしたい。

とても残念ですが…
売れる言葉は、そう簡単に作れるモノではありません。

「どうしたら売れるだろう…」
「どうしたら誰かが買ってくれる“言葉”が書けるだろう…」と

ひとりで悩み考えることは、
非常に非効率で無意味でつまらないことです。

売れる言葉の秘密

不思議なもので、
“言葉でなにかを売ろうとすればするほど 売れない” のです

人が、「購入する。来店する。申し込む」という行動はすべて、
人の、買いたい。いきたい。参加したい。という
「感情」がきっかけになっています。

では、どうしたら、
人の感情を動かすことができるでしょうか…?

テクニックは必要ない

感情に訴える言葉とは、
“奇抜なコピー”ではありません。

今まで自分が購入してきた商品を考えてみたらわかると思います。

今、部屋にあるものを見渡してみてください。
奇抜なキャッチコピーで購入を決めたものがありますか?

多分ほとんどないと思います。

それは、
誰かからオススメされて購入したものや
大切な人からプレゼントされたもの
自分にとって価値あるものかどうかを
しっかりと判断して購入したはずです。

だからこそ、
奇抜なコピーは必要なく
飾らないメッセージで
お客様の心に響く“シンプルな言葉”こそが、
反響を大きく変えてくれるのです。