私は今まで、コピーライターとして、言葉にこだわってきました。
Webサイトを創れるようになり、実際にクライアント様のホームページやランディングページを制作しているのにもかかわらず Web屋やコンサルタントではなくなぜ、コピーライターとして名乗っているのかというと、、、

コピーライティングこそが、ビジネスのコアでありマーケティングの本質であると考えているからです。

的の画像

マーケティングにフォーカスすると小手先のテクニックや小難しいやり方にこだわってしまいます。

マーケティングの本質は、
「売り手と買い手の関係をよくすること」です。

なので、

インターネットマーケティングは、
「インターネットを通じて、売り手と買い手の関係を
良くすること」です。

本質に気付くと
マーケティングが難しいことではなくなっていきます。

では、
売り手と買い手の関係を良くするためにどのような手段方法があるでしょうか?

それは、商品の魅力を買い手であるお客様に感じていただくことです。

それが、コピーライティングのパワーであり、マーケティングの本質なのです。